>

気をつけなければいけない部分

先祖のお墓に入れないかもしれない

すでに入るお墓が用意されている場合は、戒名がなくても入れるのか確認しなければいけません。
決まりで、戒名を持っていない人は入れないことになっている可能性があります。
故人が先祖代々のお墓に入りたいと言っていた場合は、戒名を付けなければいけません。
戒名を付けないことで、そのような問題が発生することを忘れないでください。

お墓のことは、お寺の住職さんに聞くのが最も良い方法です。
故人が亡くなったら、すみやかにお葬式を進めなければいけません。
どんなスタイルにするか悩んでいる時間はあまりないので、すぐ住職さんに聞いてください。
住職さんからお墓の詳しい説明を聞くことで、選択できるスタイルがいくつか見つかります。

世間体が悪くなってしまう

戒名を付けないのは、世間体が悪いと考える人が見られます。
世間体を気にしないなら良いですが、親戚の誰かが反対したら、よく話し合ってください。
勝手に戒名を付けないことに決めると、親戚との関係性が悪くなってしまいます。
このような理由があって、戒名を付けないことにしたと説明すれば相手もわかってくれるでしょう。

若い人は柔軟に対応できますが、高齢の人は従来のお葬式にこだわる傾向が見られます。
それでも親戚がみんな納得した状態で、お葬式のスタイルを決めなければいけません。
自分は戒名を付けない方向で行きたいが、みんなはどう考えているかと早い段階で相談しておきましょう。
遠くに住んでいる親戚とも、連絡を取り合ってください。


この記事をシェアする