>

戒名をつけないという選択肢

自由なスタイルのお葬式

これまでのお葬式は、火葬してお坊さんに来てもらって、戒名をもらうというのが当たり前でした。
ですが時代が進むごとに、たくさんのスタイルが生まれています。
戒名をもらわないお葬式もあるので、具体的に特徴を調べてください。
そもそも戒名をもらうためには、費用が必要です。
しかしお葬式の予算が少ない人もいるでしょう。

そんな人が、戒名をつけないでお葬式を進めている傾向が見られます。
戒名をもらわなくても、故人は成仏できるので安心してください。
お葬式をすることになったら、まず全体でどのくらいの費用が発生するのか調べてください。
予算を超えるなら、削減できる部分がないか確認しましょう。
削減しやすいのが、戒名だと言われます。

参列する人数を少なくする

戒名を付けないだけでは、まだ費用を抑えることができない場合があります。
もっと安くするなら、家族葬を選択してください。
家族葬とは、本当に親しかった親戚だけが参列するお葬式のスタイルになります。
仕事の付き合いがあった人や、近所の人からの参列は断ってください。
規模が小さくなるので、会場代などを抑えられます。

また参列者のもてなしを削減できるので、故人とのお別れにみんなが集中できる面がメリットです。
故人が、自分のお葬式を盛大にしなくても良いと遺言を残すかもしれません。
それなら遺言に従って、簡単なお葬式で済ませてください。
葬儀らしいことはしないで、ただ火葬するだけで終了になるスタイルもあります。
どんなスタイルがあるのか、葬儀社に聞きましょう。


この記事をシェアする