戒名はいらない?目からウロコの葬式新常識

どんなお葬式にしようか考える

費用を少なくするメリット

お葬式をする時に、費用を気にしている人がいると思います。
費用を安くしたい時は、敢えて戒名を付けないように依頼しても良いでしょう。
それだけでも、費用削減になります。
お葬式をする時は、計算すると意外と高額な費用になります。
もっと費用を削減したい人は、家族葬にするのが良いですね。
すると知り合いをもてなさなくても良いので、費用も精神的な負担も減ります。
火葬だけにするなど、様々なお葬式のスタイルが現在は誕生しています。

戒名を付けないということは、宗教にとらわれないお葬式にするという意味になります。
通常はお坊さんを呼んでお経を唱えてもらうのが従来のお葬式でしたが、代わりに故人が生前に好きだった音楽を流すなど、自由なお葬式も流行っています。
お供えするものも宗教にとらわれず、故人が好きだった食品や、故人が使っていた趣味の道具などを供えてください。
戒名がなくても、それらがあれば個人は安らかに眠れると思います。

ただ戒名を付けないことで、注意しなければいけない部分があります。
それは、家族が眠っているお墓に入れないかもしれないということです。
他の家族や親戚は眠っているお墓に、一緒に入れてあげたい人がいるでしょう。
入るであろうお墓が決まっている場合は、戒名がなくても入れるのか、お寺の住職さんに聞いておきましょう。
また戒名を持たないということに対して、マイナスのイメージを持つ人も未だにいます。
周囲から、嫌みを言われるかもしれません。

戒名をつけないという選択肢

人は亡くなったら、お葬式をするのが一般的です。 しかしお葬式をするためには、費用が必要だと思ってください。 お坊さんに依頼したり火葬の費用、参列者をもてなす費用があるので、100万円を超えるケースが多いです。 安く済ませたい人は、戒名をつけないなど工夫をしましょう。

故人が好きなもので見送ろう

仏壇に故人が好きなものや、趣味で使っていた道具を供えたり、好きな曲を流すスタイルも人気です。 好きなものに囲まれて旅立てるので、故人も喜ぶと思います。 戒名を付けない時点で、宗教は気にしない方向でお葬式が進みます。 故人が、喜ぶお葬式を目標にしてください。

気をつけなければいけない部分

自由なお葬式にするのは良いですが、戒名を付けないことでデメリットもあります。 先祖と一緒にお墓に入れるのか、よく確認してからお葬式のスタイルを決めてください。 また戒名がないことは、世間体が悪いと考える人もいるかもしれません。 親戚一同で、よく話し合ってください。